プライスレスな散歩

1日中寝てばかりなのですが 少し外が涼しくなってきましたので

保育園の駐車場を少し遠いところに停めて 次女と末っ子のお迎え

昔は日産の電気自動車リーフに乗っていて日産で充電している間に子供達と近隣を散歩してよく写真を撮っていました

あの時間がとても好きでプライスレスな散歩タイムだったなあと思っています

末っ子が生まれて家族全員が乗れなくなったので手放してしまいましたが とても自分のライフスタイルに合っている車でした

何てことない道も楽しいモンタナ

次女様は 車がめったに通らぬ道も『端っこをあるいてねぇ』と過保護

わずかなプライスレスなお散歩

涼しくなってきたのでメンタルのためにも朝散歩を少しでもできるとよいのですが 

とにかく眠くてそこまでたどり着いてませんが

ボーとしすぎて 自宅について車から降りて『あ、草抜がぼーぼーだなー』と草を抜き始めていたら

車のドアも全開で 買い物したものも外に置きっぱなし 鞄も外に置きっぱなしで 全く気が付いておらず

ボーっとしすぎなので 少し長女とキャッチポールでもして体も動かしていければと思います

今日は 魚やいて ひじきをつくり さつまいもと九条ネギたっぷりの味噌汁でした

血液検査でコレステロール値が190もあって基準値をかなりこしていて 食生活も見直してみたいと思います

サジー進めてもらったけど サジーまだ何かわかってないので研究中 とりあえず今は黒にんにく試し中

そのまま食べるのは ちょっと苦手なので 私は料理に使っております









にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

この日々がつづきますように

どうも、プレミアム商品券買うのに6枚もハガキに記入して手がつかれているnicoddonです

先日、1年に1回いけるかいけないかのコテージに行ってきました

なんせ旦那さんが長休みというものがなく 連休もよほどでないとないので旅行など行けません

ちゃんと今日は写真の話を

以前から図書館などでは見ていた『ヒロシマきえたかぞく』という写真集ではなく絵本ですが

書店で見返していたら涙が止まらなくなってきたので購入してじっくりと読み返しました


この本は著者の指田さんが平和記念資料館で見た一家の記録写真が集められ

写真を撮影した父親の鈴木六郎さんの家族写真は どれも笑顔に満ち溢れており

扇風機につけた紐にじゃれる飼い猫を笑顔で見守る姉弟

飼い猫を背負って猫と同じ顔で笑う娘さん

兄弟たちと笑顔でねころびあう写真

モノクロの写真の中から沢山の声が聞こえてきそうな写真ばかり

この時代フィルムもとても貴重であったと思う

子供たち一冊一冊に作ったアルバムには子供たちの名前を書き

日めくりカレンダーを貼り付け制作されたものを作っていたりと

六郎さんがいかに写真が好きで そして家族の事を本当に愛していたことが伝わります

今自分が撮っている子供達の写真と何ら変わらぬ 日常の中にある幸せな時間や

笑顔になる時間 親として残しておきたいと思う瞬間 どれも本当にほっこりする写真ばかり

ただ衝撃的なことは この六郎さんの撮影した笑顔であふれる日常が

広島の原爆で一瞬に奪われ 鈴木さん一家を全滅させてしまったという事実

この写真を見て今いかに私たちが過ごしている日々がかけがえのない時間なのか

鈴木さん一家消えてしまったとしても この写真には

鈴木さん一家の笑い声や 日々の幸せな一瞬

鈴木さんの子供達への愛情は消えることはないと思うと

写真の力というものはとても大きなものだと思うと同時に

戦争というものを改めてあってはならないものだということ

戦争を忘れてはいけないと思うのでした

こちらの記事でも鈴木さん一家と著者の指田さんが取り上げられています

戦後75年がたち その月日がたってもこの写真から声が聞こえてくる

この日常は当たり前ではなく日々感謝して生きる事

この先もこんなことがあってはならない 写真を見返すたびになんともいえぬ気持になりますが

鈴木さん一家の生きた証が消えないことと

私がいま撮っている写真は 私がこの世から消えても

私がシャッターを切った瞬間のまなざしは残ってくれるんだと思うと

少し救われた気持ちになるのでした

仕事の事も いきてりゃなんとかなると自分を励まし中です

9時までに家の事を終わらせたしアリエッティを子供たちに見せてあげて寝たいと思います

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村